楽士 / The Cardigans ビデオ | 65

編集

カーディガンズ(The Cardigans)は、スウェーデンのバンド。

キュートなボーカルと60年代風のアコースティックなロックサウンドでスウェディッシュ・ポップのブームを巻き起こした。

来歴

1992年に、ピーター・スヴェンソンとマグナス・スヴェニングソンを中心に結成。この2名は元々ヘヴィメタルを演奏しており、カーディガンズはブラック・サバスの楽曲もレパートリーとしている。ここにベングド・ラガーバーグ、ラッセ・ヨハンソン、さらにニーナ・パーションが参加してバンドが誕生する。5人は共同生活をしながらデモを制作し、これがプロデューサーのトーレ・ヨハンソンの耳に入って、1994年2月18日に『エマーデイル』でレコード・デビュー。このアルバムは当初、母国スウェーデンでの発売のみであったが、同年9月24日に日本で、以降1997年1月にヨーロッパで、5月にカナダで、そして同年アメリカでも発売された。

1995年発表の2作目のアルバム『ライフ』は日本で大ヒットし、プラチナ・アルバムとなった。また、同アルバムからのシングル「カーニヴァル」はイギリスでヒットした。波に乗ったバンドはマーキュリー・レコードと契約し、アルバム『ファースト・バンド・オン・ザ・ムーン』(1996年)を発表。このアルバムからは、アメリカ映画『ロミオ+ジュリエット』の中で使用された「ラヴフール」が世界中でヒットする(『ビバリーヒルズ青春白書』第7シーズン最終回でもゲスト出演し、「ラヴフール」を披露した)。

続くアルバム『グラン・トゥーリスモ』(1998年)では、音楽性をよりダークなものに転換しファンからは賛否両論を呼んだが、全世界で250万枚を売り上げるヒット作となった。同アルバムからは「マイ・フェイヴァリット・ゲーム」や「イレイス/リワインド」がシングル・ヒットした。この後、バンドは活動を休止し、ソロ活動に入る。

2003年に活動を再開し、『ロング・ゴーン・ビフォー・デイライト』を発表。この年、スウェーデンで最も売れたアルバム(12万枚)となり、ダブル・プラチナムとなった。2005年には『スーパー・エクストラ・グラヴィティ』を発表。ゴールド・ディスクにはならなかったものの、スウェーデンのチャートで初登場1位になった。

その後は個々の活動が中心となっていたが、2012年のサマーソニックからの招待を機にバンド活動を再開。サマーソニックの前に台湾を訪れ台北で公演を行い、サマーソニック後にはロシア、イスラエル、インドネシア、台湾でも公演を行った。

メンバーと主な担当楽器

  • ピーター・スヴェンソン Peter Svensson (1974年10月18日-) - ギター
  • マグナス・スヴェニングソン Magnus Sveningsson (1972年4月4日-) - ベース
  • ニーナ・パーション Nina Persson (1974年9月6日-) - ボーカル
  • ベングド・ラガーバーグ Bengt Lagerberg (1973年7月5日-) - ドラム
  • ラッセ・ヨハンソンLasse Johansson (1973年2月23日-) - キーボード、ギター

ディスコグラフィー

スタジオ・アルバム

  • エマーデイル Emmerdale (1994年)
  • ライフ Life (1995年)
  • ファースト・バンド・オン・ザ・ムーン First Band on the Moon (1996年)
  • グラン・トゥーリスモ Gran Turismo (1998年)
  • ロング・ゴーン・ビフォー・デイライト Long Gone Before Daylight (2003年)
  • スーパー・エクストラ・グラヴィティ Super Extra Gravity (2005年)

コンピレーション・アルバム

  • ジ・アザー・サイド・オブ・ザ・ムーン The Other Side of the Moon (1997)
  • ベスト・オブ・カーディガンズ Best of (2008)

ビデオ

  • ライヴ・イン・ロンドン Live In London (1997)

シングル

  • ライズ & シャイン Rise & Shine (1994)
  • ブラック・レター・デイ Black Letter Day (1994)
  • Sick & Tired (1994)
  • カーニヴァル Carnival (1995)
  • ヘイ! ゲット・アウト・オブ・マイ・ウェイ Hey! Get Out of My Way (1995)
  • ラヴフール Lovefool (1996)
  • ビーン・イット Been It (1996)
  • ユア・ニュー・ククー Your New Cuckoo (1996)
  • マイ・フェイヴァリット・ゲーム My Favourite Game (1998)
  • イレイス/リワインド Erase/Rewind (1999)
  • ハンギング・アラウンド Hanging Around (1999)
  • Junk of the Hearts (1999)
  • バーニング・ダウン・ザ・ハウス Burning Down the House (Tom Jones Feat. The Cardigans) (1999)
  • For What It's Worth (2003)
  • You're the Storm (2003)
  • Live and Learn (2003)
  • I Need Some Fine Wine and You, You Need to Be Nicer (2005)
  • Don't Blame Your Daughter (Diamonds) (2006)

外部リンク

  • (英語)
  • (日本語)
  • - Myspace
すべて表示する

コメント:


コメントはまだありません.

Добавлять комментарии могут только зарегистрированные пользователи.